Kimono Beauty

contents
「振袖 値段」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@kanamero1227 そう・・・値段は可愛くないんです(´;ω;`) まぁ、振袖だから仕方ないですね😢 そうです‼ポイント10倍ってすごいですよね👏💓

問題017 ワタルがナギに勧められ、サキのために買おうとしていた振袖値段は次のうちどれ? A.3800万円 B.4000万円 C.3500万円 D.3000万円

Twitter Hayate_Quiz_Bot ハヤテクイズBot

返信 リツイート 10:43

返信先:@airi_daai まじ?普通の値段もわからんけど 振袖ってかなり値段かかるんだな!

返信先:@airi_daai 振袖ってそんなに値段かかる?😅

ちなみに、保存状態は良くて柄が凝ったものでもその値段だそうだ。業者が言うのは、流行の関係とのこと。 また、振袖を購入したのにも理由があって、親が半分出すと言っていたから購入を決意したのだが、後に自腹を突き付けられたのだ。 本当後悔しかない、、、。

Twitter Orange86p_M mm谷(ミリー)

返信 リツイート 昨日 11:45

問題017 ワタルがナギに勧められ、サキのために買おうとしていた振袖値段は次のうちどれ? A.3800万円 B.4000万円 C.3500万円 D.3000万円

Twitter Hayate_Quiz_Bot ハヤテクイズBot

返信 リツイート 5/22(火) 14:13

返信先:@SAKEYAROU1 そういう事でしたか!! 和装もあまりお好きじゃないですか( ´・ᴗ・` )? 最近は結婚式参列用に振り袖レンタルもドレス買うより安いお値段であったりするので和装もいいかもですよ*ᴗˬᴗ)⁾⁾⁾ (ちなみに参列用ドレスレンタルも最近は多いですよ✨)

返信先:@mukasitokage 私も値段(というか量産品の成人式用振袖とそうでないものの差)によるものかと思っておそらく日本で一番高級で格の高い着物を着ているであろう皇族の方々の振袖を検索して比較してみたんですが、皇族の方の振袖でも左肩に柄がないタイプがちらほら見受けられたので、

Twitter gyunyuburo 碓井ツカサ@5/25異世界居酒屋げん①発売

返信 リツイート 5/21(月) 15:22

昨日友達に、卒業式振袖着るのかって話をしたんだけど、レンタルでもそれなりに値段するだろうし、引っ越し費用も考えると振袖着るのしんどいなー…

振袖ばーさまが買ってくれた😭😭😭 着物自体京都のいい生地らしくて90万くらいでセットとか色々つけたらいいお値段だったけど部長と店長が色々引いたりしてくれて浴衣も新しいやつ2枚付けてくれて嬉しみ😢💕 平安時代か江戸時代のお姫様みたいって言われた(白目) pic.twitter.com/GkIojMiice

振袖の必須アイテムとは

振袖の相場はいくらくらいか

日本人の民族衣装である振袖は実に見事です。
未婚女性が着る袖の長い着物は主に、成人式や結婚式で着用します。
着る機会はほとんどないものの、やはり自分の気に入ったデザインを選びたいものです。
では、振袖の相場はいくらくらいでしょうか。
実は金額にかなり幅があります。
地域やお店によっても異なりますし、選ぶ振袖によっても異なりますが、全国平均で約32万円から35万円くらいと言われています。
この中には着物そのものだけではなく、帯、長襦袢、肌襦袢、帯揚げ、帯締め、おしゃれ襟さらにはバッグや草履などの小物一式が含まれています。
しかし、これはあくまでも相場ですので上手に探すならもっと安くで購入することができる場合があります。
インターネットオークションでは、10万円以下でも良いものが出品されています。
逆に、予算はあまり気にしないという方であれば、選択肢の幅は広がります。
自分の予算をよく考えて納得のいく振袖を選びましょう。

各素材の特徴から振袖を選ぶなら

各素材の特徴から振袖を選ぶなら 洋服を購入する際に生地の素材を確認するように、振袖もどんな素材で作られたのかを確認すると、自分に見合ったものを見つけやすくなります。
振袖の素材は大まかに分けて二種類あり、それぞれに特徴が異なります。
一般的に古くより慣れ親しまれているのが、正絹です。
言葉通り絹を使用したもので肌触りがよく、振袖に限らず着物を着るなら正絹という愛好家も少なくありません。
着崩れしにくいメリットもあるので、自身で細かな着崩れを調節できない人にとっても便利です。
一方でお手入れに手間と費用が掛かり、雨が汚れに弱いという課題もあります。
この正絹の問題をクリアしたのが、ポリエステルに代表される化繊です。
化繊の素材で作られた振袖は正絹製よりも、お手入れ代やレンタル代が手頃になっています。
ただ正絹製と比べると着崩れしやすい面があるので注意が必要です。
またこの二つは柄にも違いがあります。
正絹製が古くからの伝統を大事にする一方で、化繊は比較的個性的なデザインのものが多く出回っています。