Kimono Beauty

contents
「振袖 値段」
に関連するツイート
Twitter

刺繍や絞りが豪華な振袖のご紹介です♫ お値段はお手頃3000円〜10000円です。 #着物 #kimono #リサイクル着物 #日暮里 #日暮里繊維街 #きもの悠々 #振袖 pic.twitter.com/d96eZWyB6V

Twitterきもの悠々 日暮里@KimonoYuyu

返信 リツイート1 31分前

夏の間はお休みしていた、 振袖レンタルが10月から始まっています👘 雨の日以外は、正絹の振袖をレンタルできますよ✨ 帯は作り帯ではなく、スタッフが創作で結びます💪 *振袖レンタル ¥10,800 *足袋代 ¥300 → 計 ¥11,100(税込) この豪華さで、このお値段はとってもおトクです😁 pic.twitter.com/eTvXLXnQKa

Twitter『浅草七変化』レンタル着物/リサイクル着物販売🌸@asakusa_shichih

返信 リツイート 昨日 16:39

返信先:@n5gLapZBtXtIDVv 振袖はこの時期一番高いんですよねー💦 夏だと少しお値段低めですが、種類がないですしねー💦

問題017 ワタルがナギに勧められ、サキのために買おうとしていた振袖値段は次のうちどれ? A.3800万円 B.4000万円 C.3500万円 D.3000万円

問題017 ワタルがナギに勧められ、サキのために買おうとしていた振袖値段は次のうちどれ? A.3800万円 B.4000万円 C.3500万円 D.3000万円

問題017 ワタルがナギに勧められ、サキのために買おうとしていた振袖値段は次のうちどれ? A.3800万円 B.4000万円 C.3500万円 D.3000万円

百合子の振袖作ろうかと思ってたけど似たのが作るのと変わらない値段でレンタルできそうだったのでレンタル予約してしまった… だって1000円しか違わなかったんだもの…帯だけ作ろう…作り帯にしちゃおうかな、着付け時間短縮のためにも。

Twitter👅Ⓜ️木綿🐕2️⃣(あと-5kg)@mmnMILL

返信 リツイート 10/14(日) 19:30

一番安い無地やったら良かったんかよ 振袖着てないから好きなん選んで良いって言ったくせに好きなん選んだら結局文句言うやん嘘つき そんなに値段気になるなら選ぶのついてくれば良かったやん 最初から予算言ってくれれば良かったやん 好きなん選んで良いとか言わんかったら良かったやん

初物は振袖を着ており、破茶滅茶に値段が高い。 全員が接客をする訳ではなく、護衛役なども居る。 その中で薬研は数少ない振袖。鶴丸は袖を切っているが一番人気なので高い。

Twitter神田ミヲ@893×セーラー服@kanndamiwo

返信 リツイート 10/14(日) 17:01

時間が経ってしまいましたが、先月に京都の#戻橋 さんに行きました。京都の着物屋さんなのに気さくに店内を見せていただけて光栄でした。ちょっとすぐに買える値段じゃなかったけど、元禄風(?)の技巧を凝らした振袖を直に見えたのが嬉しかったです。絵の題材にしたいです。黒猫ちゃんも可愛かった。 pic.twitter.com/YvUjABSuFr

Twitter桃山朋々(モモヤマモモ)@momoyama_momo

返信 リツイート3 10/14(日) 9:44

振袖の必須アイテムとは

振袖の相場はいくらくらいか

日本人の民族衣装である振袖は実に見事です。
未婚女性が着る袖の長い着物は主に、成人式や結婚式で着用します。
着る機会はほとんどないものの、やはり自分の気に入ったデザインを選びたいものです。
では、振袖の相場はいくらくらいでしょうか。
実は金額にかなり幅があります。
地域やお店によっても異なりますし、選ぶ振袖によっても異なりますが、全国平均で約32万円から35万円くらいと言われています。
この中には着物そのものだけではなく、帯、長襦袢、肌襦袢、帯揚げ、帯締め、おしゃれ襟さらにはバッグや草履などの小物一式が含まれています。
しかし、これはあくまでも相場ですので上手に探すならもっと安くで購入することができる場合があります。
インターネットオークションでは、10万円以下でも良いものが出品されています。
逆に、予算はあまり気にしないという方であれば、選択肢の幅は広がります。
自分の予算をよく考えて納得のいく振袖を選びましょう。

各素材の特徴から振袖を選ぶなら

各素材の特徴から振袖を選ぶなら 洋服を購入する際に生地の素材を確認するように、振袖もどんな素材で作られたのかを確認すると、自分に見合ったものを見つけやすくなります。
振袖の素材は大まかに分けて二種類あり、それぞれに特徴が異なります。
一般的に古くより慣れ親しまれているのが、正絹です。
言葉通り絹を使用したもので肌触りがよく、振袖に限らず着物を着るなら正絹という愛好家も少なくありません。
着崩れしにくいメリットもあるので、自身で細かな着崩れを調節できない人にとっても便利です。
一方でお手入れに手間と費用が掛かり、雨が汚れに弱いという課題もあります。
この正絹の問題をクリアしたのが、ポリエステルに代表される化繊です。
化繊の素材で作られた振袖は正絹製よりも、お手入れ代やレンタル代が手頃になっています。
ただ正絹製と比べると着崩れしやすい面があるので注意が必要です。
またこの二つは柄にも違いがあります。
正絹製が古くからの伝統を大事にする一方で、化繊は比較的個性的なデザインのものが多く出回っています。